人空間

 「人空間」とは、「人の感覚、機能に反応する空間」「人を中心とした空間」を指す造語である。
 九つの客観的要素(1,まちづくり,景観形成2,環境3,福祉4,防災5,建築6,芸術,デザイン7,哲学,伝統文化8,人材育成9,体力,精神力)を手掛かりに、主観をフィルターとしてセレクトした空間言語(地球の呼吸,空気の密度,光と影のボリューム,色の香り,音のぬくもり,時間のズレ,気配,間,雰囲気の感触・・・)により構築されたイメージを作家の原風景、自然感、和的精神により再構築した調和空間である。
 人を暑さ寒さから守る衣服。人を雨風から守る家屋。人を公的に守る町、国。人の生命維持を保証する地球。そして、宇宙。「人から見た宇宙、宇宙から見た人」を意識した視線と次世代に繋がるサスティナビリティの感覚がこれからの物創りに求められる。

破調の調の美を求めて
 「美」を示唆する言葉を創造表現に取り入れる事が有る。その一つに、調和を破って調和する「破調の調」が有る。光悦の茶碗は、柔らかい膨らみを碗に保たせながら歪み、傷を持つ。女性的に見えて力強い「女が男」のデザインである。そこには、不完全でいて調和美がある。(その逆に「男が女」のデザインは貧弱に見える)不完全な物は、完全な物には無い「なぜ」が脳みそを刺激する。その刺激が「破調の調」の魅力である。この陰陽表裏一体の「なぜ」が、当所を開設して以来「公案」として手探りで模索し続けている課題の一つである。
 自然界には直線が無い。曲がりくねった不定形な部分が集まり、全体として調和し有機的空間が美しい景観を形成する。破調の調の美が自然界には有る。しかし、空間を意識しない無神経に造られた直線、幾何学で出来た人工物が景観を壊す。そこには、経済優先の貧弱さが景観を作り上げ「美」の欠片も無い。人が貧弱に成り、国が貧弱に成る。
 一流のアスリートは、美しい。均整が取れ安定した体の重心を瞬発的に移動し、不安定な体勢に自ら成る事により推進力を生み出す。そして、磨かれた精神が自然の摂理にかなった時、緊張感の有る力がみなぎる。
 古武術は、相手の重心を崩す事により最小限の力で相手を投げる。安定から不安定を生み出す事によって「技」と成る。洗練された「技」には、その場に美しい空気が流れる。
 茶室空間の露地は、外露地、内露地、茶室へと進む中、見え隠れを巧みに挟みながら中門、躙り口を設ける事により日常から茶道への精神の切り替えを自然にうながす。一度、精神的調和を破って調和し直す。それを繰り返す事で、浮世の塵を払う。
 龍安寺の石庭。白砂と自然石が、ただそこに在る。油土塀で囲まれたそれは、強烈なインパクトで、脳裏に焼き付く。ただ在るだけの「なぜ」そこには、時間を超えた無限性、宇宙感が有る。
 ロダンの考える人の手足は大きい。絵画、彫刻のデフォルメは、部分的にバランスを変える事で全体的な強さ、インパクトを持たせる。破調の調の面白さ。
 三渓園聴秋閣。軽快にせせらぎの上に置かれるそれは、非対称ながら研ぎ澄まされたプロポーションで均衡をとり、水や四季に変化する木々までも取り入れた調和美を演出する。楼閣建築の遊び心を感じ、時を超えた色気を教わる。

 人は、安定した姿勢からは俊敏な一歩を踏み出せない。自然は常にアンバランスでありそこから成長する。人の空間も、一度調和を破って再び調和させる事、不完全の調和により、哲学が始まり、緊張感が生まれ時勢に左右されない普遍的な「美」「無限性」が創出するのではないかと思う。
2009年春 木嶋房由記